<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

冬景色

もうすぐ冬?というくらい暖かい11月。コートとかニットとか出しそびれたままの我が家、


皆様のところはいかがですか?ちゃんと冬が来てますか?


それでも冬の近づく気配はちらほら。
b0087784_16135290.jpg
ノーリードで放せる公園。



こどもの影。
b0087784_16223930.jpg


そして
[PR]
by seesea_life | 2006-11-21 16:54 | 日記

EVER GREEN

b0087784_9544351.jpg
ワイヤープランツ

すごくかわいい葉っぱと褐色のクネクネした茎がリズミカルで楽しい。

そして暑さに寒さにもとっても丈夫な人気者。



今日は一泊予定でドライブに出かけます。目的地はダーリン。
子供達とブラッキィと一緒に。

家族が離れて暮らすことも多い私達。
b0087784_10414342.jpg


さぁ、張り切ってドライブだぁ。車を走らせて違う景色を見て、子供達とたくさんのお話。


4人で夕食を囲む日
息子は「今日は、お父さんがいるから家族の日やなぁ」といいます。
この一年は、だいたい毎週末は帰ってきてるんだけど・・・^^;。
娘はブラッキィと一緒に玄関で飛びつき大歓迎。


さぁ、みんなで大好きなパパに会いに行こう!


b0087784_1025629.jpg
(注)張り込みではありません。
[PR]
by seesea_life | 2006-11-18 10:38 | 日記

おすすめサイト



見たことありますか?

文芸ジャンキー・パラダイス。byカジポン・マルコ・残月

情熱に打たれました。





東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック―誰もが知っている104人の墓碑完全ガイド
カジポン・マルコ・残月 / 大和書房
ISBN : 4479391134 の著者サイト




ホームページ中の『101匹名言大行進』から抜粋。


・人生はオセロ。赤ちゃんの時は白。その後が黒ばかりになっても、最後が白なら全部白にひっくり返る(萬田久子)女優

・船は港にいる時、最も安全であるが、それは船が作られた目的ではない
(パウロ・コエーリョ)作家

・勇気とは、立ち上がって語るために必要なものであり、また、腰を下ろして耳を傾けるためにも必要なものである(ウィンストン・チャーチル)英国首相


・「君は山を呼び寄せる男だ。呼び寄せて来ないと怒る男だ。地団駄を踏んでくやしがる男だ。そうして山を悪く批判する事だけを考える男だ。なぜ山の方へ歩いて行かない」(夏目漱石)


言葉の力ってすごいなぁ。って改めて感動。クスッと笑ちゃうコメントもあり^^。


b0087784_21494015.jpg


明日も、ふんばって行こう。
[PR]
by seesea_life | 2006-11-16 21:52 | art

渡船

夕暮れ
b0087784_23492467.jpg
乗船場が見える場所へ釣りに来ました。





『何か釣れたぁみたい」
b0087784_23525358.jpg



何、何?



b0087784_23541517.jpg


「!」


これは通称『毛虫』海の中の生物です。えさのマムシを食べにきたのです。
毛があって、刺さると大人でも泣いてしまいそうなくらい痛くてたまらないらしい。
過って毛が目に入れば即病院という危険生物。

ウミケムシ
学   名 Chloeia flava
生物分類・環形動物門・多毛綱・ウミケムシ目・ウミケムシ科


体を前後に伸縮させて歩く姿は毛虫そのもの。グロテスクな感じがみててなかなか飽きない美しい生物です^^。

棘のような体毛が皮膚に刺さりやすいので、直接触らないこと。
海に捨てる。・・・戻しましょう。

もし刺さってしまった場合。ピンセットやセロテープで棘を抜き傷跡をアルコールで消毒。
間違ってこすったりすると、指された部分が赤くぶつぶつに腫れて1週間は大変。

釣りをされる方はご存知の厄介者。
息子は興味津々。まだ覗き込んでいます。
b0087784_0124213.jpg

「もう、あぶないでぇ」とお姉ちゃん^^。

釣果は、こちら

b0087784_019417.jpg

から揚げにして頂きました♪

b0087784_0215361.jpg


「あの~そろそろ帰りませんか?」
[PR]
by seesea_life | 2006-11-14 00:23 | 地域

月の光

こんなに暖かい11月ははじめて?
b0087784_18374422.jpg
ぼんやり月を眺めながらの娘との散歩。息子はテレビ。

More
[PR]
by seesea_life | 2006-11-10 19:01 | 日記

盲導犬チャリティーウォーク2006


参加して参りました♪
b0087784_1685288.jpg


ブラッキィもドサクサにまぎれてご挨拶(良いのかしら)

こんな貴重な体験も!
b0087784_16141211.jpg


隠れてますが息子も!
b0087784_16191225.jpg








この美しい盲導犬練習生
b0087784_16153912.jpg
フローレンにうっとり。


愛されて育った表情。
楽しそうにコマンドに応えていたのが印象的でした。

なんか本当に色々こみ上げてしみじみと眺めてしまいました。

チャリティーウォークだったのですが、

b0087784_16324116.jpg
バザーで新しい服も購入。

気持ちのいい日曜でした。
[PR]
by seesea_life | 2006-11-06 16:36 | 犬のこと

アートと狂気


John cusack

The sure sing(1985)以来ずっと気になるactor/
ほぼ同年代の彼の映画、とっても息の長い主役俳優さん、
b0087784_10435772.jpg

原題『MAX』-(2002)『アドルフの肖像』



隣はCharlie and the Chocolate Factory - (2005)『チャーリーとチョコレート工場』のチャーリーのパパ役Noah Taylor、アドルフ・ヒトラー役、映画の中でとても説得力のある存在でした。

監督は、Menno Meyjes
「Tha color purple」- (1985) / Screenwriter
Indiana Jones and the Last Crusade 『インディアンジョーンズの最後の聖戦』- (1989) /Storyの初監督作品「ヒトラーが芸術家になっていたら歴史は変わっていたかもしれない。」
下敷きがあってみる方がよくわかるかもしれません。

村瀬興雄『アドルフ・ヒトラー』中公新書-1977 とか

こちら
注)一瞬引くほどかなり怪しそうなサイトですがきちんとしたテキストです。彼の絵もカラーで紹介されていますし、よければご感想をお願いしますね。


一枚の画をみて、

独裁者の画と知り自分自身の価値観に疑問を持つのか?
それともきれいな絵を書く非道な独裁者を見直すのか?

彼の絵と知っていてこの絵を好きといえるのか?
知らないで見て好感を持った画が最悪に嫌悪する人の作品と知ったあとで、
自分の中で一枚の画の評価が変わるのか?

ちょっと自分の反応に興味が湧くかもしれません。

話題を、映画に戻して^^。最初スピルバーグにも声をかけたようです。

同じく、Director(s)Menno Meyjes
    Actor     John cusack 

Feb.9/2007(US)リリース

THE MARTIAN CHILD FACTS
ちょっと気になります。



http://movies.go.com/max/c781930/drama
[PR]
by seesea_life | 2006-11-04 12:33