<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

my dogs

最近、またまたファンになってしまったホームページをまずご紹介します。、
感動してしまいまして、Alf&Max dog homeワンちゃんのトレーニングのサポートにワンちゃんが付くというスタイル。

日本有数の犬の専門家発見しました。という気持ちで許可を得て紹介させていただきます。^^)

こちらにたどり着いたのは、あるきっかけがありました。
blogの大先輩px3さん犬に危険な植物という記事のお手伝いがきっかけです、※手元の図鑑を調べたに過ぎませんが・・・。PX3さんが、とても読みやすくまとめてくれて^^ます。

そのとき、ふと過去の犬についての記憶がよみがえってきました。

b0087784_19241726.jpg







私が生まれたとき、『大五郎』という真っ白な紀州犬がいて幼稚園まで一緒に暮らした。小さかった私でも、ちゃんと記憶がある。お母さんに叱られて泣いてると顔を舐めて寄り添って隣に座ってくれた。また違う日、また叱られた雨の日、半分怒って泣きながら前を通り過ぎたら長靴の後ろの大きく開いたところをそっと噛んで引き止めて心配そうに見つめてくれた。


私の犬好きはこの大五郎から始まってる。


b0087784_14195654.jpg



次に幼稚園の帰り道、まだ離乳しかけの柴犬を見かけた。真っ白で小さくてお鼻が真っ黒。一目で夢中になりお母さんに興奮して話すと、その知り合いのお家に電話をかけてくれ譲ってもらえることになった、

「やったぁ~」と車で迎えに行く。、まだ震えていて頼りなく鳴くこの犬に、何かの絵本のポッコという犬の名前を逆にして『コッポ』と名づけた。一日中、この子犬といたくて幼稚園から走って帰ってきた。そしていつものように散歩に行こうとリードをつけて庭に出た。とたん、リードが外れ、大好きな散歩に行こうと喜んでいたコッポは道に飛び出し、私の目の前で車に跳ねられてしまった。手元に外れたリードがあり、どこも壊れてはいなかった。フックがきちんと留まっていなかっただけの事故。「キャイン!」すごい声がして、コッポは庭の茂みの中へ走りこんでいった。跳ねた車はそのまま行ってしまった。その声に、母が出てきてうずくまってるコッポを急いで車にのせ、近所に一軒しかなかった動物病院へ。

後ろ足フトモモの複雑骨折。大手術。2週間後退院。でも足の傷はなかなか治らない。舐めてばかりいる、元気がなく食欲もない。また入院。心配になり両親が病院の病室の様子を見に行った、何かを察知しすぐ退院させた。「(私を)連れて行かなくて良かった。」と話してるのを聞いた。でも遅かった。この傷が元で2週間も経たないうちに死んでしまった。

1才になったばかりだった。最後の日、幼稚園にいく前に声をかけた、いつもは尻尾をふって横になったまま顔を上げるだけなのに、その日は、フラフラと立ち上がり近くまで歩いてきた。それが最後だった。

泣きっ放しだった、自分のせいだと責めた。

「二度と繰り返さない。」心の中でそう誓った。

元気のない娘に両親は「秋田犬」の虎毛の男の子をもらってきた。だけど大型犬は成長が早く見る見る大きくなり、力も強く、甘えて噛まれ興奮して飛びついてくる犬の静止が出来ず半泣き。「じゃれてるだけ、悪気があるわけじゃない。でも・・・。」小学生の子が育てるには難しく、両親が危険と判断し知り合いのお家で飼ってもらうことになった。せっかく家族になったのにと子供ながらに、この「ボス」に申し訳なくて車に乗せられるこの子に何度も謝った。後にその新しい飼い主さんが連れてきてくれたとき、立派な落ち着いた秋田犬になっていた。でも、もう私の犬ではなくなっていた。自分から犬の心が離れたことを実感した最初だった。

More
[PR]
by seesea_life | 2006-10-30 19:51 | 日記

名医犬?


今日はバニラが旅立ってちょうど3ヶ月になりました。その頃、家には生後3ヶ月のパピーがいて・・・。


b0087784_195912100.jpg
Zzzzzz・・・zzz・・・(私は、誰でしょう?)

この子犬のおかげで正直なところ私たち家族には悲しみに沈んでる時間がなかった。



もう、あちこちいたずら盛りの子犬の世話にもう夢中の日々でした。


b0087784_21181861.jpg
「がぉ~」「ピーチク?」



赤ちゃんイヌに覚えてもらうルールはいっぱい。


今日、我が家に一人の女性が訪ねてきました。
b0087784_2042086.jpg

仕事の用事で寄ったのですが、ぶらっきいを抱えて玄関へ

ちょっとの用事だったので立ち話、
書類があると言うのでサインをするため玄関の靴脱ぎのあたりで座って無駄話。

ぶらっきぃ最初、膝の横で眠っていたのですが、目が覚めると座ってる彼女の顔をペロペロ。

「きゃっ!」小さな悲鳴。
「ごめんなさい、もしかして犬苦手?」

「ごめんなさい、そうなんです~。」
小さい頃、追いかけられて転んで、それ以来だめなんです。との事


彼女、不意に

「イヌの舌って、あったかいんですね。私 はじめて知りました!」

私:「!・・・ほんとに?」

彼女:「いつもは、チワワでもシーズーでも、プードルでも、私が怖いと思ってるから、向こうも咆えついてきたり、なでようとしても逃げられたり。・・・。大型犬を飼う気が知れない・・・。」

「舐めに来てくれるなんて、今までなかったんですよ・・・。」

私:  「大型犬私大好きで、飼ってましたよ。」

彼女:「子供は欲しがってるんだけど、勇気がなくて」

「それから、さっき口に手を入れてイヌがはぐはぐしてたけど、痛くないの?」

などイヌについて結構、興味津々になってきた彼女。

それから数分、自らぶらっきぃに近づいてきた彼女、
とうとう 40年以上の人生で生まれて初めてイヌを抱っこ出来ました!

大感激。ぶらっきぃ!えらい!

40年間イヌが怖くて近づけなかった人を、
ちょっとだけでもイヌ好きに出来ちゃいました、

「またワンちゃんに会いに来てもいいですか?」

「はい^^」

b0087784_22153844.jpg
任務完了!


彼女、子供にねだられて心の中で、きっと何かが変わってたんだと思います。
今日と言う日は、我が家にはちょっと特別な日、

いいタイミングで、出会えてほんとに、よかったね♪ぶらっきぃ。
ガオガオパピーの頃だったら大変だったはず。

最近、聞き分け出来るパピーに変身中だもんね。

君はバニラからの贈り物?

彼女、いつか心からイヌを信頼してくれるようになるといいね♪
[PR]
by seesea_life | 2006-10-26 22:20 | 犬のこと

はぐくむ

2歳違いの娘と息子
b0087784_19491931.jpg
松の枝に止まっております。




この日、海岸にふたりの残した足跡は
b0087784_19532684.jpg

smile♪ and smile......

More
[PR]
by seesea_life | 2006-10-23 21:28 | 日記

子供と犬と海

b0087784_17542138.jpg

最近こればっかりで、見に来ていただいてる方に申し訳ない感じ・・・。


そして今日も、性懲りもなく^^+
b0087784_17564451.jpg

娘とぶらっきぃ・・・同じ顔して遊んでるなぁ、

More
[PR]
by seesea_life | 2006-10-19 18:09

秋祭り、宮入

私の暮らす町には、とっても良いお祭りがあります。

b0087784_1257234.jpg


町内会、6のだんじりが2日間、神社を3往復して境内で大暴れ。
先祖代々氏子ではない私たちのような家の子供たちも、だんじりにのせて太鼓をたたかせてくれます。


茶髪の男の子、パンツが半分見えてる男の子(あくまで着こなし)も、法被に身を包んで、年配のおじさんたちと一緒に掛け声も勇ましく。

今の時代、廃れず、観光化もされずに、こんなお祭りが残ってるのは奇跡だと思いながら参加させてもらいました。

学校なんて、各学年一クラスの田舎の学校。
それでも小さい頃に、太鼓をたたいた男の子は帰ってくるようで、いまどきの中学生、高校生、20代の男の子も真剣そのもの。
小さい子にも親切に遊んでくれます。


それもほとんどは若い衆さん!肩にだんじりを担いで、
b0087784_13175834.jpg
だんじりがバスを止めたり、回ったり、飛んだり、みこしも交えて7基が入り乱れる様子は圧巻!

日本もまだまだ捨てたものじゃないのかな^^。
b0087784_13245495.jpg


子供たちは合間にお店でお買い物^^。
b0087784_132837100.jpg



いい体験させてもらえて、良かったね。
[PR]
by seesea_life | 2006-10-18 13:30

天高く、うれしいご報告。

b0087784_10333822.jpg



馬肥ゆる

b0087784_10353065.jpg



秋!

b0087784_10371456.jpg



・・・・にならないために(今年こそ!)


b0087784_10454771.jpg



いつもの河川敷へ、やってきました。


b0087784_10485219.jpg


ぶらっきぃ、大はしゃぎ♪




いい季節になりました。

More
[PR]
by seesea_life | 2006-10-12 11:14 | 日記

ようこそ!



むふふ♪

b0087784_12341254.jpg


インターネットで購入した※オールドローズ

Chapeau de Napoleon シャポー ド ナポレオン


系統:ケンティフォリアもしくはモス系

作出:19世紀のバラ研究家ビベール・J・P
 (1845年 フランス)作とか1827 Hilzer-Kirche スイス とか?

花:ピンク 中輪 クォーターロゼット咲き

咲き方:一季咲き

香り:強香

樹形:半つる性 200cm


ナポレオンの帽子。
つぼみを縁取るユニークな萼からついた名前らしいです。

実は、リンクさせていただいているブノワ様の
ブログ~匂いのいい花束~で、すっかり薔薇の虜になってしまた私。

散々迷って、初めての一株。welcome my home♪
上手に育てられるかしら・・・・。
薔薇のご機嫌を損ねないよう、やたらニコニコと宅配便を出迎えてしまいました。

b0087784_12511648.jpg

すでにこんなに大きい^^。

どこに植えようか、迷うのもまた楽しい。






※オールドローズ(1867年以前に作出された薔薇のこと)
[PR]
by seesea_life | 2006-10-07 13:04

魅力的な




年の重ね方・・・気になるところです^^;

b0087784_17464059.jpg





お彼岸の中日の縁日に出会ったご婦人。仲良くお話中に・・・。







b0087784_1748849.jpg
娘も仲間入り。








弘法大師様も見たであろう風景。

b0087784_17501052.jpg





先日のお彼岸に、とても素敵な女性に会いました。
ゆったりと時間を楽しまれているご様子、ほほえましい姿。

こういう風に友人と少しずつ歳を重ねて生きたいものです。





この高台は、すごくたくさんの階段を上らないと見えないところにあります。
b0087784_17564660.jpg


整備されて、きれいになっています。


「安全第一」

史跡も美しく歳を重ねていけるよう、配慮してほしいのじゃないかしら?
コンクリートでまっすぐに作られた階段の味気なさにそういう疑問もわいてきます。

長らくご無沙汰してしまいました。遊びに来ていただいた方々、ごめんなさい。そして
ありがとうございます。告知もせず失礼いたしました。




それにしても時間というのは自由にならないものですね^^。
無限にあるというのに、使い方が、未だにうまくいきません。

さて、今日こそは皆様のところへ、遊びにいけそうです♪
[PR]
by seesea_life | 2006-10-05 18:06 | 日記