諸君、明日はもっと良いものをつくろう

これはガウディが弟子達と交わした最後の言葉。

先日、一冊の本を読み終えました。


ガウディの伝言
外尾 悦郎 / 光文社


b0087784_8492664.jpg



サグラダ・ファミリア、完成したら楽器になるってご存知でした?

いったいどんな音が聞こえるんでしょう。

ガウディは楽器の機能を持たせる事に非常に熱心に取り組んでいたといいます。

決して奇を衒ったわけではないはずです^^。

アントニオ・ガウディAntoni Gaudí i Cornet は、サグラダ・ファミリアを完成に導くため、そしてなにより彼は変わった建物をたてて、有名になろうとしていたわけではありません。人間の幸せのためだけに仕事をしたような人です。仕事を通じて親友に出会い、理解者を得、挫折、苦悩の中から成長し、神と呼ばれるまでになっていった。なのに

ミサに行く途中、市電に轢かれ浮浪者と間違われ、病院に搬送されるのが遅れて亡くなってしまった。このエピソードを聞いて、(当時、高校生)天才の末路は・・・なんて考えてしまった私は、なんて未熟だったのかしら。

アントニオ・ガウディについては、とても誤解の多い建築家かもしれません。
こうやって、外尾悦郎さんのような方が語ってくれなければ、私も含めて多くの日本人は、建物の外観だけをみて【狂気の建築家】という印象を持ち続けていたかもしれません。


数字と形、封印された部屋、小さな奇跡。ダヴィンチコードを読まれた方、この本もぜひ読んでみてください。

ガウディの最後の言葉

「明日はもっと良いものをつくろう。」

明日からの自分に向けて、この言葉を送ろう。

ブラッキィはこんなことになってます。ははは^^
b0087784_1552411.jpg

だらだら、長くなってしまいました。

反省の意味を込めて、少し文章を変更しました。
[PR]
by seesea_life | 2006-09-01 15:01
<< ちょっとだけ 伝え方 >>